進化を続けるトヨタ・ハイエース200系の歴史・沿革1型~6型(4型最終)、一部改良最新モデルまで! ~外観/仕様の違い~

ハイエース200系沿革

変更点概要

  • ハイエース200系1型(Ⅰ型):200系デビュー[フルモデルチェンジ]
  • ハイエース200系2型(Ⅱ型):GLパッケージ登場[マイナーチェンジ]
  • ハイエース200系3型前期(Ⅲ型前期):クリーンディーゼルエンジンへ[マイナーチェンジ]
  • ハイエース200系3型後期(Ⅲ型後期):充実装備に[一部改良]
  • ハイエース200系4型(Ⅳ型前期):よりミニバンを意識した充実装備に[マイナーチェンジ]
  • ハイエース200系5型(Ⅳ型後期):より安全・安心・快適に[一部改良]
  • ハイエース200系6型(Ⅳ型最終):安全運転をサポートする機能がより充実[一部改良]
  • ハイエース200系(7型?) 最新モデル情報:[一部改良]予定

200系1型(Ⅰ型)

2004年8月(平成16年8月)〜2007年7月(平成19年7月)

2004年8月
15年ぶりフルモデルチェンジでデビューした、ハイエース200系。
その初期モデル

100系ではラインナップされていた “標準” が廃止され、ボディ長はロングとスーパーロングの2種に。

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 2.5ℓディーゼルターボエンジン搭載
  • 2.7ℓガソリンエンジンを追加
■デザイン面
  • ボディ長はロングとスーパーロングのみに
  • スーパーロング車をワイドボディ化
[ヘッドランプ形状]
ほぼ四角形
[フロントグリル形状]
U字 + 逆T字
[ロアグリル高]
フォグと同じ高さ

200系2型(Ⅱ型)

GLパッケージ登場

・全車フロントグリルの形状変更
・バンS-GLにワイドボディ車がラインナップ(1ナンバー)
・ワゴンにGLグレードが登場
・バンにGLパッケージ登場。
・ディーゼルエンジン
  -2KDの2500ccから1KD、3000ccに変更
  -DPRシステムの採用により「平成17年(新長期)排出ガス規制」に適合
  -コモンレール式燃料噴射システムと可変ノズル式ターボチャージャーにより低速域での力強いトルクを実現
・軽量バランスシャフトなどの採用により静粛性にも配慮
・新色ブラックマイカが追加

2007年8月(平成19年8月)~2010年7月(平成22年7月)

2007年8月のマイナーチェンジにより誕生した2型

バンにスーパーGL・ワイドボディ&ミドルルーフ車が新登場

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 新開発3ℓ(1KD-FTV)ディーゼルターボエンジンを搭載
  • スーパーGL(最上級グレード)、DX(標準グレード)の中間にあたるパッケージオプション『GLパッケージ』の投入
  • 全車対象にアルミホイールがオプション設定
■デザイン面
  • フロントグリル、バンパーのデザインが変更
  • バンにスーパーGL・ワイドボディ&ミドルルーフ車がラインナップ
  • スーパーGLのシート表皮が変更
  • スーパーGL専用に新外鈑色を投入
[ヘッドランプ形状]
ほぼ四角形
[フロントグリル形状]
細U字 + 細U字
[ロアグリル高]
フォグと同じ高さ

200系3型前期(Ⅲ型)

クリーンディーゼルエンジンへ

・ディーゼルエンジン
  -平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合・さらに進化したシステムを採用しピエゾインジェクターをはじめ電子制御式可変油圧システム、大型EGRクーラー、燃料添加システムなどの採用により優れた出力、トルク、燃費、さらにクリーンな排気を実現。
・全車フロントマスクの形状変更。
  -フロントグリル、ヘッドランプ、フロントバンパー・オートエアコンを標準装備。
・ボディカラーにホワイトパールが追加。
・HIDヘッドライトの採用。

2010年8月(平成22年8月)~2012年4月(平成24年4月)

1KDディーゼルエンジンを改良。ポスト新長期排出ガス規制に対応すると同時に出力も強化した3型

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 1KDディーゼルエンジンの改良、ポスト新長期排出ガス規制に対応し、出力強化。
  • スーパーGL、ワゴンGLなど一部モデルで、HID式ヘッドランプをメーカーオプションで設定
  • 一部モデルにフロントオートエアコンを標準装備
■デザイン面
  • フロントグリル、フロントバンパー、ヘッドランプなど、フロントデザインの変更
[ヘッドランプ形状]
下側が少し膨らんでいる
[フロントグリル形状]
H字バー
[ロアグリル高]
フォグより少し高い位置

200系3型後期(Ⅲ型)

充実装備に

・客席のシートベルトが2点式から3点式に変更(ワゴン/コミューター)。
・ディーゼルエンジン車に排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用)を標準装備。
・純正フォグランプを変更。HB4→PSX26
・ボディーカラーにボルドーマイカメタリック(カラーナンバー3R9)が追加。
・バン特別仕様車「スーパーGL”PRIME SELECTION”」を発売(2012年11月1日)

2012年5月(平成24年5月)~2013年11月(25年11月)

新エコカー減税に対応した3型後期

  • 2008年法改正により後部座席のシートベルト装着が義務化。これに伴いコミューターGL、DXのリアシートベルトを3点式に変更。
  • 新エコカー減税制度に対応するため、一部型式のディーゼルエンジン車の排出ガス識別記号を変更

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 新エコカー減税制度に対応するため、ディーゼルエンジン車の排出ガス識別記号を変更(一部型式)
  • コミューターGL/DXのRrシートベルトを3点式へ変更
  • 法規対応のため、コミューターGL、DXのFr中央席を廃止、定員を14名に。
  • フォグランプにPSX26が標準採用。
■デザイン面
[ヘッドランプ形状]
下側が少し膨らんでいる
[フロントグリル形状]
H字バー
[ロアグリル高]
フォグより少し高い位置

200系4型(Ⅳ型前期)

よりミニバンを意識した充実装備に

・フロントグリルの変更(スピンドルグリル)。
・リアサイドガラスの開閉窓に凸凹の少ないスライド式採用。
・アンテナがリアクォーターガラスに。バン『スーパーGL』、ワゴン『GL』『グランドキャビン』
・6速シーケンシャルAT化(ガソリン車のみ)。
・ワゴンとコミューターに『VSC&TRCヒルスタートアシストコントロール』採用。
・バン『スーパーGL』、ワゴン『GL』『グランドキャビン』にバックドアイージークローザーを採用。
・バン特別仕様車『スーパーGL”DARK PRIME”』を発売(2015年1月6日)。

2013年12月(平成25年12月)~2017年10月(平成29年10月)

内装・外装共にマイナーチェンジ。スタイリッシュな外観で誕生した4型

全車オプション設定でLEDヘッドランプが選べるように。

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • LEDヘッドランプをオプション設定
  • オートエアコン含む、センタークラスターパネルのデザインを変更(一部グレード)
  • ガラスアンテナ、バックドアイージークローザー採用(バン『スーパーGL』)
  • 両側パワースライドドア、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングオーディオスイッチをオプション設定(バン『スーパーGL』)
  • バックドア近くにリヤルームランプ1個を追加(標準ボディ全車)
  • VSC&TRC/ヒルスタートアシストコントロール/緊急ブレーキシグナルを標準化
■デザイン面
  • フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、(一部のグレードで)リヤコンビネーションランプと、デザイン変更
[ヘッドランプ形状]
左右とも内側に膨らんだ五角形に近い形
[フロントグリル形状]
U字バー + 極太U字バー
[ロアグリル高さ]
フォグより少し高い位置

200系5型(Ⅳ型後期)

より安全・安心・快適に

・バンとコミューターに設定のディーゼル車はエンジンを2800ccの1GD-FTV型に置換(車両型式がGDH200系となる)。
・バンDXスーパーロング4WDにディーゼルエンジン設定が復活。
・オートアラームを全車に標準装備
・ATはガソリン車と同じ6速に多段化(シーケンシャルシフトマチック付)。
・VSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールをバンにも拡大して標準装備。
・衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備。

2017年(平成29年)11月~2020年(令和2年)4月

デザインに大きな変更なし。安全面などの機能が進化した5型

5型最大の特徴は、(一部モデルを除く全車に)衝突安全装置『Toyota Safety Sense P』が標準装備されたことではないでしょうか。

デザインについては4型から大きな変更はありません。

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense P』標準装備(一部を除く全車)
  • ディーゼルエンジンがKD ➡ GDに変更。(VN[D])
  • メーターがアナログ ➡ オプティトロンに変更(DX)
  • トランスミッションが4AT ➡ 6ATに変更(VN[D])
■デザイン面
  • フロントグリル全面にミリ波レーダーの四角い窪みがある。
  • ※デザイン面に大きな変更なし
[ヘッドライト形状]
左右とも内側に膨らんだ五角形に近い形
[フロントグリル形状]
前面にミリ波レーダーの四角い部分が見られる
[ロアグリル高さ]
フォグより少し高い位置

200系6型(Ⅳ型最終)

安全運転をサポートする機能がより充実

・VSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロール、オートアラームを全車に標準装備。
・ドアミラーを大型化。
・マルチインフォメーションディスプレイ搭載。
・ハイマウントストラップランプがテールゲートの鉄板部から、ガラスの箇所に移動。
・カタログ燃費が、従来のJCOBモードから、より実走行に近いWLTCモードに。
・ラジエーターグリルの意匠変更。
・安全運転をサポートするメーカーオプションが充実。
  -『インテリジェントクリアランスソナー
   (パーキングサポートブレーキ)』
  -『パノラマモニター付きインナーミラー』
  -『デジタルインナーミラー』

2020年(令和2年)5月~現在(令和3年)

法規対応、安全装備の充実だけでなく、デザインも変更された6型

デザイン面ではドアミラーの形状が明確に変わっています。

主な仕様&仕様変更

■機能面
  • 2.8Lクリーンディーゼルエンジン搭載
■デザイン面
  • 5型では前面に表れていた『ミリ波レーダー』が、グリルの奥に収納されてスッキリした外観に
  • 1型から続いた『丸みを帯びた横長』のサイドミラーが少し角ばったデザインに
[ヘッドランプ形状]
左右とも内側に膨らんだ五角形に近い形
[フロントグリル形状]
『ミリ波レーダー』がグリル奥に収納された
[ドアミラー形状]
丸みを帯びた横長から少し角ばった縦型に

2021年8月マイナーチェンジ!200系最新モデル情報

一部改良

・法規対応
  – WLTP燃費基準対応(ディーゼル車)
  – PCS・LDA装備義務化、TSSレスオプション廃止(ワゴン/コミューター)
・仕様集約(ベース)
  – MT車廃止(全車)
  – 3R9[ボルドーマイカメタリック]および1G3[ガンメタ]廃止(SーGL)

上記は2021年8月2日に生産開始が予定されている、ハイエース200系の最新情報です。

名称は200系7型になるのか、6型後期になるのか、それともⅣ型最最終系となるのか、現時点では分かっていません。

詳細については新たな情報が入り次第、随時更新していく予定ですので、ご興味ある方は、時々チェックしていただけると幸いです。

※2021年最新モデルの情報は、現状 ”予定” として告知されているもので、今後変更になる場合があり、正確性を100%保証するものではございません。ご了承ください。

最後に

ハイエース200系の歴史・沿革はいかがでしたでしょうか。

今後どのように進化していくのか、楽しみなところですよね。

ハイエースのカスタムやオリジナルパーツ、完成車(コンプリートカー)にご興味ございましたら、ユーアイビークルにご相談ください。

ハイエースのカスタムパーツ、コンプリートカーのことなら、ユーアイビークルへ

ユーアイビークルは、ハイエースを中心にワンボックス車用の機能的アフターパーツブランドを全国に展開する会社です。

内装パーツや外装パーツはもちろん、快適な乗り心地を追求した足廻りパーツも人気です。

本社(大阪府堺市)を拠点に、大阪店・名古屋店・埼玉店の3店舗を展開中。車輌購入前のご相談から購入後のカスタム等、ハイエースの事なら何でもお気軽にご相談ください。

ハイエースを知り尽くしたプロのスタッフが適切にアドバイスさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です